査定 雨の日

その場しのぎの査定なら・・・

雨の日を査定に選ぶ。

 

これもよく言われていますよね。

 

確かに雨の日は曇りであり、雨が車体にはねていますので多少の傷は小さく見えます。

 

そういう意味では正解ではあるのですが、査定に出したことがあれば分かるのですが

 

査定士サン、キズを触って触診をします(笑)

 

キズ周りは塗装も落ちやすくなっているため、触れた時に塗装が剥がれてしまうんですよね。

 

そうなると嫌でもマイナス査定となります。

 

でもこれは晴れの日でも同じですので、雨の日に査定をすればキズを誤魔化せる!

 

査定額アップだ!!などという幻想はもたずに、思い立った日に査定をしておきましょう。

 

そもそも、車の査定は日付をまたぐほど車の価値が低くなっていきます。

 

雨の日まで1ヶ月あったとしたら、その分だけ査定額が下がってしまう可能性があるので

 

無駄な努力はやめておき、正々堂々と査定をしてもらいましょう!

 

>>自動車買取はネットで査定!申し込はこちら