車買取 書類

車買取に必要な書類をチェック!

車買取には、「車検」「自賠責保険証書」とあわせて、更にいくつかの書類が必要です。

 

これらもほとんどの方が、助手席のダッシュボードに入れていると思うので、確認してみてくださいね!

 

なお、実際の買取の時には、自動車買取の業者のほうから「これとこれが必要です〜」と言ってくれるので

 

実は心配する必要はほとんどありません。

 

●自動車買取に必要な書類

 

 (1)車検証(自動車検査証)
    車が安全であることを検査した証紙です。なくしてしまった場合は、地元の陸運局(運輸局・支局)で
    再発行ができます。

 

 (2)自賠責保険証書(自動車損害賠償責任保険)

 

 (3)納税証明書(自動車税)

 

 (4)実印

 

 (5)印鑑証明(2−3通)
    通常は2枚必要です。買取業者に必要数を確認したら、市役所にいって発行してもらいましょう。

 

    なお、印鑑証明には有効期間があります。
    発行から3ヶ月以上たってしまっている場合は再度発行する必要があります。

 

    また、車検証と印鑑証明の住所が違う場合は、住民票、戸籍謄本などが必要です。

 

    ・住所変更が一度の場合
    住民票が必要 

 

    ・住所変更が複数回の場合
    戸籍の附票、もしくは住民票の除票が必要

 

    ・性が変わっている場合
     戸籍謄本が必要

 

 (6)譲渡証明
    車買取で名義をあなたから業者に変更するために、必要となります。

 

 (7)委任状
    自分で手続をせずに、業者などで行う場合に必要です。

 

 (8)振込用の口座
    自動車買取は口座振込が基本です。

 

 (9)リサイクル券
    リサイクル料金を支払ったことを証明する書類です。
    2005年1月1日以降に購入した新車、もしくは同日以降に車検を受けた場合に
    交付されます。

 

>>査定に申し込んでからで書類はOK!