車買取 下取り 違い

自動車買取と下取りの違いとは?

下取と自動車買取の差が分からない方も多いと思いますので、下取り買取の違いについて説明いたします。

 

先に結論から言っておきますが、お持ちの車を売るのであれば、ディーラーの下取りよりも

 

自動車買取の専門店で売ってしまったほうが、高く売れることがほとんどです!

 

■下取り

 

ディーラーなどから新車を購入する際に、現在所有している愛車を買い取ってもらい
その買い取ってもらった分の金額を新車の代金から値引きすることをいいます。

 

つまり、「下取り」とは、そこのお店で車を買うことを前提として、自分の車を買い取りしてもらうことをいいます。

 

下取りの場合、ほとんどが現金での受け取り(振込)などはなく、新車の代金から**万円を引きます。

 

といった契約上のやりとりだけで終わることがほとんどです。

 

メリットとしては、とっても古い年式で超オンボロでも、ディーラーの心意気(!?)として、なんとか
引き取ってもらえる(タダ同然ではありますが)ケースがあることくらいです。

 

逆に、高い車を下取りに出してしまうと、本来の価格よりも低い値段で買い叩かれてしまうので

 

気をつけてくださいね!

 

■車買い取り

 

自動車買取は下取りとは違い、現金の動きがあるやり取りになります。

 

実は下取りが安いのには理由があります。

 

ディーラーが下取りをした車は、自動車業界専門のオークションにかけられるのがほとんどです。

 

しかし、ディーラーがオークションに出す場合には、オークションとつながっている業者(買取業者)に

 

手数料を払い、そしてやっとオークションに回ることになります。

 

つまり、色々な手数料が掛かるので、ディーラーの下取りというのは必然的に安くなってしまうわけですね。

 

では車買取はどうかというと、車買取はオークションとつながっている業者自体ですので

 

買い取った車をそのままオークションなどの流通に乗せることができます。

 

つまり、余計な手数料などが掛からないわけですね。

 

ですから車買取の専門業者は、ディーラーの下取りよりも高く、あなたの車を買い取ることができるわけです。

 

ここが下取りと自動車買取との大きな差となります。

 

言うまでもないですが、下取りと買取、どちらのほうが、どうお得か!?については次のページで説明していきます。

 

>>買取と下取り、どっちがお得なの!?