エアコン ニオイ

エアコンは動作と匂いのチェック

車の快適感を確認するために、エアコンも査定の評価ポイントとなります。

 

ご存知かもしれませんが、エアコンの修理には主に3つのパターンがあります。

 

査定時にはこれらの修理のことも考えて減点されていきます。

(1)エアコンの通気口・匂い
   普段使わない方でも、査定をする2、3日前にはエアコンをしばらく回しておきましょう。
   しばらく使っていないと、ホコリっぽい匂いなどが出くる場合がありますので。

 

(2)明らかにクーラーの効きが悪い、悪くなった
   エアコンは回っているけどクーラーの効きが悪い。そういう場合はクーラーガスが無いか
   タンクから漏れている可能性があります。タンクが割れている場合はどうしようもありませんが
   ガスが無いときも、壊れている時と同じように全然冷えないので、査定時に壊れていると
   判断されることがあります。

 

(3)エアコン自体が効かない
   完全に壊れている場合、修理で何十万か費用が掛かってしまいます。
   さすがにこの状態だと査定の減点対象となってしまいますので、下手に隠そうとはせずに
   事前に状況を伝え、査定士さんの信頼を得ておくほうが得策でしょう。

 

逆に上記3つに該当しないときは問題ありませんので、何も伝える必要はありません。

 

変なことを言うと、足元をすくわれて買取額が下がってしまいますので。

 

>>自動車買取はネットで査定!申し込はこちら